2018年07月02日

■グループホーム訪問  ■挨拶回り  ■ジェイホーム来所  ■後援会長と面会  ■県立美術館見学

 6月2日は、妻の実家がある鶴田町の小野家に宿泊。
 6月3日は、妻の父小野勇一が入所しているグループホーム鶴松園(かくしょうえん)へ妻と一緒に行きました。
 6月4日から5日まで、十和田市内と三沢市内を回りました。米朝会談と日本の安全保障が話題となりました。日本人拉致被害者全員が帰国するまでは、日本国は北朝鮮に経済支援をしてはならないと思います。
 6月15日は、住宅メーカー「ジェイホーム」中野渡氏に来ていただき、今住んでいる家のリフォーム価格や、貸している西小稲の自宅の買い取り価格について相談しました。
 6月22日は、中村友信後援会長をされている白浜浩一先生が高齢者住宅に入所したという情報を聞き、入所している「コーポラス りんか」へ訪問しました。相変わらず元気なので安心しました。
 6月30日は、青森県立美術館へ妻と一緒に行きました。絵画の絆「フランスと日本」展を鑑賞しました。作品リストで印象に残ったのは、作品カミーユ・ピサロ、作品名ポン=ヌフと作者キスリング、作品名ルーマニアの女と作者浅井忠、作品名農夫帰路でした。どれも90年から130年前に制作されたもので、当時の材質・油彩に感動しました。
posted by なかむら友信 at 18:22| なかむら友信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする